蓼食う虫も好き好き

知っているとちょっとお得で日々の観察が楽しくなる自然の魅力を発信します。画像の無断転載は禁止です。

ハリギリはタラの芽と何が違う?おすすめの食べ方と葉や芽の雰囲気での見分け方

出回らない至高の山菜

タラの芽とは印象が異なるハリギリ。ウコギ科の美味しい植物

山菜の王者といえばタラの芽という認識の方も多いことでしょう。

しかし真の王者は同じウコギ科に所属するハリギリであると主張したいと思います。

苦み、コク、触感、トゲがないなどあらゆる面でタラの上位互換である山菜がハリギリであると考えています。

今回の記事では一度食べたら忘れられない至高の山菜、ハリギリを紹介し、その味や生える環境、探し方などを紹介していきたいと思います。

山菜の王者?タラの芽

山菜としてまず紹介せねばならないものがタラの芽です。

春の新芽は美味しいだけでなく、成長が早いので観察も楽しい

今回の比較対象でもあります。

知られる通り山菜の王者であり、動物質を思わせるコクと程よい苦みが癖になる春の恵みです。

ウコギ科の植物であり、開放空間に真っ先に入り込むパイオニア植物でもあります。

この性質から日当たりもかなり好む植物です。

タラが生える典型的な伐採跡地。ススキなどの草とともに入る

以上を含めるとタラの生える環境というのは雑木林や森林に伐採などで生まれた開放空間や定期的に切り払われるススキなどの草地環境、これらに日当たりの要素である南向きの斜面であり、環境条件がとても分かりやすいいい植物です。

コツさえつかめれば山の中でも比較的見つけられる種類ですが、最近は市場にも出回るため、味わいが気になる人はぜひ挑戦してみましょう。

天然と養殖では別物ですが雰囲気は養殖でも味わえます。てんぷらが美味しいです。

ハリギリとは?

タラの芽と同じウコギ科に所属する植物です。

太めのものも多く、手の届く範囲でもこんな大きいものが取れる

大木になる植物であり、胸高直径が数mもあるような巨木に出会ったことがあります。

知る人ぞ知る絶品の山菜であり、ハリギリを食べてしまうとタラのあのコクと苦みがかなりかすんでしまいます。

万人受けするタラの芽と好きな人に異常に愛されるハリギリという印象でしょうか。

左のタラと右のハリギリ。はかまなどは似ているが葉の出方などは別物

癖があるのにイマイチ嫌いになれないそんなやつです。

太陽光を非常に好むタラとは打って変わって日陰環境を好む植物です。

しかし暗闇過ぎてもダメで、ほどよい日差しが差し込む程度の空間が必要です。山地や雑木林ではこうした空間が多いことからタラよりも目にする機会は多い印象を受けます。

ヤブツバキやカシ類が生える程度の耐陰性植物の見られる環境に多い

マイナー寄りの山菜であるため、採集されていることも少ない素晴らしい植物です。

葉はカエデを思わせるような掌状の姿をしています。幹にはタラをも圧倒する鋭く太いトゲがあり、とても危険な植物です。

ですがこの2つの特徴がハリギリという植物を見分けやすくしてくれています。

とくにトゲに関してはハリギリ以上のものはそうそうないので、山菜において間違いをなくしてくれるというのは心強いものです。

真の王者ハリギリ

さてハリギリの味に関してはタラの芽と同じく例えようがありません。ハリギリの味としか表現できません。

環境が良ければ遠慮がちに取ってもこれくらいは取れる。

味に関してはタラの芽の風味が好きであれば好きだろうと言えます。

ハリギリは採集時の芽の雰囲気がタラとだいぶ違います。

タラは基部から先端までがっちりとしているのですが、ハリギリは基部ががっちり、すぐさま細い葉柄とふわふわの葉になるという感じですね。

全体的に柔らかい印象を受けるのがハリギリです。(基部は固い)

ハリギリの比較的大きい芽。基部は大きく、急に細くなる

採集に関してはトゲが大きい分ハリギリの方が取りやすいと思われます。また、芽自体もハリギリの方が太い割合が多く、食べ応えがあるのもいい点ですね。ほおばるように食べられるのはタラではかなり難しいです。

アクは最強に強い

ハリギリの魅力であり難点でもあります。タラは炒めたりすることで食べられますが、ハリギリはてんぷら以外で食べるのはかなり厳しいです。

過去の失敗料理、ハリギリ炊き込みご飯。抜群のいい香りだが、葉は飲み込めないほどエグかった

えぐみの強いアクがかなり多いようです。これに関しては風味を生かしてハリギリ炊き込みご飯を作ったことがあります。

香りはウコギを思わせる清涼感のある優れたものだったのですが、肝心のハリギリが飲み込むのも辛いくらいえぐくて涙ながらに米だけを食べました。

てんぷら専門で味わう山菜ということで調理の幅も狭く、これが市場に出てこない理由なのではないかと推測します。

その代わりてんぷらの味わいは絶品です。

ハリギリは天ぷら一択。悩む必要もない。ガッツリアクを飛ばさないと食べられない

全ての野食ファンはハリギリを自身の手で採取しててんぷらにして食べるべきと断言しても良いくらい素晴らしい味わいをしています。

その味わいですが、生の時に悪さをしていたえぐいアクが天ぷらでのみ心地よいほろ苦さとなります。

うまい食材は鼻を抜ける香りで味わうというのはソバやいい調味料に共通する上質なもののサインだと私は考えています。

このハリギリではほろ苦い特有の風味と動物質でバターを連想させるようなコクがふわっと鼻を抜ける体験をすることができます。

ハリギリの魅力は圧倒的な入手のしやすさ。初めて食べる人も美味しいと声を上げる

タラでは風味もコクも弱くこの体験ができません。

肉料理に赤ワイン、魚料理に白ワインというように足りないうまみを補色しあうことで食材はうまみを増していきますが、ハリギリのてんぷらはそれ単体でコク→ほろ苦さ→心地よい香りという自己完結をしており、口のリセットをせずとも次を新鮮に味わえます。

数人で一瞬でなくなってしまう美味しさ。単体で味わいが完結しており満足感が異常に高い

この点が真の王者として君臨している理由であり、ハリギリのてんぷらは油分がきつくならない限り無限に食べられる気がします。

そして食べ終わった後のいいものを食べた感が抜群に高いです。

また、触感の差も大きく違います。タラは基部~先端まで総じて似た触感をしています。もちろん伸び具合にもよりますが。

ハリギリは食感のメリハリが強く、タラはアスパラのような感触が強い

ハリギリは芽から葉が出た段階で既に大きく触感が違います。そもそもハリギリの基部はかなり触感がしっかりしていて楽しいのですが、上部は柔らかい葉でふわっふわの質感です。

衣のサクサクとでんぷん由来の甘味、葉のふわふわ感にブロッコリーの芯のようなしっかりした噛み応え+良いアクでメリハリが効いています。

出回らないので食べたいならば知識をつけて探さないといけないのが最大の欠点

総じてハリギリは野草や山菜という枠に収まっておらず、食に興味のある方ならば1度は食べてほしいと言える食材ですね。料亭などでフキノトウ代わりに出しても全然高評価を得られると思います。

唯一マイナス点を挙げるとすればこんな上質な食材が市場に出回らないため、食べたい場合には自身で取らねばならないということでしょう。

ハリギリはどこに生えるか

山菜採集に当たって注意すべきは毒のある植物との見分けです。

ハリギリは似た雰囲気のものがない。タラはカラスザンショウなどややこしいものがある

しかし前述の通りハリギリはその鋭い巨大なとげとカエデを思わせる形の巨大な葉により見分けが簡単な種類です。

毒に関しては大丈夫でしょう。具体的にどんな場所を見るかという点ですが雑木林や森の淵というのは意外とおすすめです。

巨大なトゲと、クヌギコナラからなる雑木林の適度に日が入るような場所にある

淵は開放空間の境目であり、幼木のハリギリが育つために笹などの太陽光を遮る要因がないというのは重要なことです。

ただし笹はススキと違い低密度であれば日光を強烈に遮りません。

そのため林床が笹を始めとするイネ科で埋まっているような環境はハリギリをよく目にする環境と言えます。

冬は日差しがよく入り、春~秋は半日陰のような環境。右はハリギリの冬芽

いかんせんタラノキのようにはっきりとした生息環境があるわけではないので、そこは暗めの森にアクセスしていくしかありません。その代わり生息に適した環境も多いので目にする機会は多いです。

おすすめは雑木林などの閉鎖空間から伐採などが入り植生に変異が進んだ場所です。

雑木林~ススキ原の遷移段階は見かける機会も多いいい環境で、タラとともに生えているケースも見られます。

タラと混生しているケースも有る。薪炭林環境のギャップが適地

基本的には薄暗い場所で、やや明るいくらいの場所でも目にするというふわっとした認識を持っておきましょう。

ハリギリは幼木~成木まで非常にサイズ幅の広い植物です。50㎝程度の幼木を発見することができれば周囲に食べられる程度のハリギリが生えている可能性は高いです。

良い環境であればたくさん残してもこれくらいはいける

タラやハリギリが入り込む場所は同じ場所であることが多いので、良い場所を見つけられればまとまった成果を上げられるでしょうね。

採集の際に意識すること

タラの採集とも共通しますが基本的には大きい頂点の芽だけを取るようにしましょう。

超ビッグなハリギリの芽。かぶりつけるのがハリギリの良さ

自然からの恩恵を受けているという気持ちで味わうのがおすすめです。

欲にくらんで2番、3番目の芽を摘んでしまえば枯れる可能性も出てきてしまいます。植物の多様性に配慮し、ハリギリを枯らすことのない採取を心がけましょう。

ほんの少し頂けば翌年以降もきっと春の味覚を味わえるはずです。

芽が太くて分かりやすい。硬いので基部を持たないとちぎれてしまう

ハリギリの芽は基部がタラよりも太いケースもあります。

注意点としては基部をしっかりと持つことです。芽はかなりの力でくっついているので、上部を持つとせっかくの芽が壊れてしまう可能性があります。

ハリギリのトゲは凶器のレベルである。かなり注意が必要

あとは採集時に基部を折り曲げる形で取ることになります。変に引っ張るとトゲだらけの幹が反動で飛んでくるので片手で幹を押さえて片手で芽を折るのがおすすめですね。

最後に山地の笹類はマダニなどがついていることも多い植物です。害虫対策もしっかりと行ってとるようにしましょう。

ハリギリの味わいは毎年春が来るたびにそろそろハリギリの時期か とわくわくさせてくれるものがあります。お酒などにもとても会う絶品の食材なのでぜひ探してみてほしいですね。
pljbnature.com
同じウコギ科のタラの芽もおすすめの山菜です。春に探していては間に合わないので冬季の下見が鍵です。

pljbnature.com
春の人気きのこアミガサタケ。探すのが大変な高級食材ですが、発見にはコツがあります。自分の経験をお伝えします。

pljbnature.com
下草が多いところに行きがちなので、マダニ対策をしっかりしましょう。